最低限の予防を

年齢が華麗になるとどうしてなんだろうかといつも思う、だって考え方によっては先のことを考えても何をやりたいとか、こんなことをしたいとかを考えたりしない自分がいるんですよね。今はあんなことをしたいとか、こんなことをしたいという目標を持つことはすごく大事だと思うのですが、年齢を重ねていくことで、不思議な事にやる気が出てこない、、、一昔前まではあんなことをしたいとか、こんなことをやらなくてはいけないという気持ちがあった。合ったんだけど、どうしても後から公開してしまいそうな気がして、何もできなくなってしまう。

 

だれだってやりたいことはあるのですが、最低限のことを考えてから、これから先の音を思い、ほんとうに自分の中でやりたいことを考えようとしなくなっている。これは年齢のせいなのか?

 

気持ちを高めて、目標を建てようという意欲が湧いてこない・・・これではいけない、こんな子持ちを持ってはいけない、もっとあんなことをしたいという心がけを持つことがきっと大切なのに、老化が怖いものだ、、、あんなことをしたい、こんなことをしなくてはと思うのに、今の自分には何もない、、、これではいけないのだ、、、

 

あんなことをしなくては、こんなことをしたらきっと次の自分に繋がると懐い、先を見越したことを考え計画していくことが重要になる。

 

だけど、最近は認知症の症状らしきものも出ているような気もしている・・・なんだかな〜、あ〜、とりあえずは認知症の予防にこんなサプリを服用してみようかと思う。

 

 

 

アセチルコリンとホスファチジルセリンが効き目を高めてくれるそうだ。